Department of Industrial Engineering and Management

工学部 経営工学科

人間を中心とした社会システムをデザインする

経営工学科の特色

経営工学科では、ヒト・モノ・カネ・情報という経営資源に関する基本を理解したうえで、実験、フィールド調査、データ分析、最適化、コンピュータシミュレーションなど理系のアプローチから社会(ビジネス)の課題を解決し、人間を中心とした持続可能な社会をデザインできる人材を育てます。

また、世界を舞台に活躍するグローバル人材を育てるために、「国際コミュニケーション」「英語ディスカッション」「工業中国語」などの科目を設置しています。日本のみならず海外のビジネスを知るために、短期語学研修やグローバル社会実習(仮称)を活用した留学についても積極的に推奨しています。

分野横断教育では、電気電子情報工学科と共に「生活・環境デザイン工学」を設置。4年間を通して自分の強みを磨き、グローバル社会で活躍できる提案力と実践力を養います。

4年間の学び

経営についての幅広い知識と、数理・情報技術を活用した社会課題の解決力を養う

1・2年次

必修科目で、ヒト・モノ・カネの視点から社会(ビジネス)の課題を解決する経営工学の理論や方法、データ分析の手法やプログラミング技術を学ぶ。

2年次

3つの選択科目群で必要なスキルや考え方を学ぶ。
A群:グローバルエンジニア…グローバル社会で活躍するためのスキルや行動力
B群:経営デザイン…数学や統計学を活用して企業の経営課題を解決する理論や方法
C群:社会デザイン…暮らしやすい社会をデザインするための理論や技術

3年次

研究室に所属して、フィールドワーク、ビジネスコンペティションなどに参加しながら主体的に学ぶ。

4年次

卒業研究と輪講に取り組む。

Pick up
新しい授業

持続可能な社会を実現する「新しいコトづくり」

ビジネスデータサイエンス演習、システムデザイン演習、プロジェクトマネジメント、製品サービスシステム、UX/UIデザイン、管理会計、金融工学などの科目を新設。

ヒト・モノ・カネの視点で、ビジネスデータを活用して、サービスをベースに製品の価値を顧客にどのように届けたらよいかを考えます。ただモノを作って販売するだけではなく、顧客の潜在的なニーズを掘り起こしてサービスをデザインする方法や考え方を学びます。

Pick Up 授業

国際コミュニケーションⅠ・Ⅱ

国際化社会で活躍できる実践的な能力の向上を目指す科目を、1年次に設けます。夏休みに実施する海外語学研修に備え、前期には豊富な海外駐在歴を持つ実務家から、研修先の歴史と文化、人びとの生活や思想などを学び、討議により異文化の理解を深めます。夏休みの海外語学研修を後期にフォローアップして、派遣交換留学など2年次以降のステップアップに向けた課題に取り組みます。

UXデザイン実践例:ユーザ体験を高めるカフェのデザイン

UX/UIデザイン

価値観の多様化する現代、ユーザである社会の人びとが喜び、愛着をもって、信頼できるサービスや製品をデザインすることが大事となっています。ユーザのより良い体験User eXperienceを創造して、サービスや製品の価値を高めるデザインの考え方を学びます。その体験をサービスや製品に落とし込み、使いやすく便利なインタフェイスUser Interfaceをデザインできる力を高めます。

卒業後の進路

〈進路先例〉

  • メーカー、情報システム・サービス、金融・保険、シンクタンク、商社、物流など

  • 生産技術(生産管理・品質管理)、企画・マーケティング、コンサルタント・監査、システムエンジニア、セールスエンジニアなど

  • 中学校・高等学校教員(数学、工業)

〈取得可能な資格〉

  • 中学校教諭一種免許状(数学)

  • 高等学校教諭一種免許状(数学、工業)

求める学生像・受験生へのメッセージ

理系の視点で社会やビジネスの課題を解決

社会の仕組みや企業の経営活動、地域活動やボランティア活動に関心があり、「誰もが暮らしやすい社会を作りたい」、「人々の役に立ちたい」、「日本だけでなく世界で活躍したい」という人に最適な学科です。これまで、学校外で、文化や立場の違う人たちと一緒に活動した経験を持つ人には、さらに視野を広げるきっかけとなる授業や実習が待ち受けています。本学科では、これからの社会に必要とされる理系の視点で社会やビジネスの問題を解決し、社会に貢献できる人材の育成を目指します。