Depertment of Mechanical Engineering

工学部 機械工学科

最初からモノに触れて、問題意識を持って学ぶ

機械工学科の特色

従来のモノづくりの教育を受け継ぎ、機械工学の主要科目である材料力学、機械力学、流体力学、熱力学、制御工学をしっかりと学びます。本学科の魅力は、1年次から「機械工学実習」を設け、機械解剖、メカトロデザイン、メカニカルデザインの授業など、実際に機械に触れながら学ぶことです。最初から座学で知識を詰め込むのではなく、本学科では「モノづくりがしたい」との思いで入学した学生のモチベーションを第一に考えてカリキュラムを設定し、実際にモノに触れて「何のために学ぶのか」という疑問や意識を自ら発見しながら学ぶことを大切にしています。

学科を超えた分野横断教育では、電気電子情報工学科と「知能ロボティクス」、応用物理学科と「宇宙理工学」の分野を学びます。ロケット工学やロケットエンジンなどの科目を新設するなど、本学科では、これまで通り、モノづくりの基礎をしっかり身につけることはもちろん、ソフトウェアやコンピュータ制御、カーボンニュートラルの実現につながる最新エネルギーなど、最先端技術に関する新しい分野までを網羅した魅力あふれる学びを実現します。

4年間の学び

基礎から新分野までモノづくりを極める

1年次

専門必修科目で機械工学実習、機械解剖などの実習に取り組み、専門基礎必修科目で数学、物理学などの基礎を学びます。選択科目としてメカトロデザイン、メカニカルデザインなどを設置します。

2年次

専門必修科目として材料力学、流体力学、機械力学、工業熱力学、自動制御など機械工学の主要科目や機械製図などを学びます。選択科目としてロボティクスデザインや加工学、分野横断科目などを設置します。

3年次

専門必修科目として、機械設計や機械実験、機械工学輪講などを設置します。選択科目では3次元CADによる最先端の機械製図や機械設計を学ぶCAD/CAM Ⅱのほか、「宇宙理工学」分野、「知能ロボティクス」分野といった新しい横断分野の科目などを設置します。

4年次

卒業研究と輪講により最先端の機械工学を実践的に学びます。

Pick up
特色ある選択科目

設計製作に挑戦し、原理を学ぶ

1年次から2年次にかけて「メカトロデザイン、メカニカルデザイン、ロボティクスデザイン」という実験を含む講義科目を3つ設けています。学生が簡単な装置を設計製作し、さらに製作した装置の性能などを調べます。このような学修を通して、機械を設計・開発するために必要不可欠なさまざまな原理を学びます。

例えば、メカトロデザインでは、「機械やメカトロニクスなどに関するイメージづくり」ができるように、実験、解析など、講義で学ぶ内容を実体験します。メカニカルデザインでは、機械が動く原理、原則などを体感しながらなぜかを考えます。ロボティクスデザインでは、ロボットの設計・製作に必要となる知識を講義で学び、さまざまな小型ロボットの設計・製作を行います。

Pick Up 授業

機械解剖

この講義では、25ccの4サイクルガソリンエンジンを学習対象として、学生は、実際にガソリンエンジンの動作原理を学んだ上、エンジンの分解・組立、各種測定や実験、部品スケッチなどを行いながら、機械の基本構造の基礎を学びます。また、パソコンによるデータ処理やレポート作成、プレゼンテーションを学びます。

CAD/CAM II

この講義では、世界各国の自動車、航空宇宙産業など多くで使用されている最新の3次元CAD/CAMシステムによる機械設計と加工を学習します。ここでは、単に3次元形状をコンピュータ上で創成するだけでなく、機械に作用する力や変形の解析評価手法、自動加工シミュレーションなども学ぶことになります。履修者のうち希望者は、SolidWorks社の認定試験を受験し、例年、多くの学生が合格しています。

機械工学科の教員紹介、研究室紹介はこちら

神大の先生 ― ゼミ・研究室 ―

卒業後の進路

〈進路先例〉

  • 自動車、航空機、鉄道、ロボット、ロケット、医療機器、薬品、エネルギー、環境、通信機器、家電製品、電力、鉄鋼業、食品業など、さまざまな企業で機械システム(ハード、ソフト含む)の研究・開発・設計などに従事する機械技術者

  • エンジニア、プログラマー

  • 公務員

  • 中学校・高等学校教員(数学、工業)

〈取得可能な資格〉

  • 中学校教諭一種免許状(数学)

  • 高等学校教諭一種免許状(数学、工業)

求める学生像・受験生へのメッセージ

機械技術者として、横浜から世界へ羽ばたいてほしい

ロボット、プラモデル、ラジコンカーなど、高校生の時に何でもいいので、モノづくりの経験をしてほしいと思います。もしくは、モノが動く仕組みなどに興味がある人、部活やサークルなどの活動に打ち込んできた人、チームで何かを成し遂げたことがある人は、その経験を今度はモノづくりの現場で生かしてほしいと思います。4年間の学びを通して、将来は、国際的な機械技術者として世界を舞台に活躍できる人材の育成を目指します。

学びの拠点となる横浜は、文化の中心であり、グローバル企業が集まる国際都市でもあるため、とくに工学系の学生にとってはさまざまな刺激や情報であふれています。この恵まれた環境を存分に活用して、文明開化の地である横浜から世界へ羽ばたいてほしいと願っています。