理学部 理学科

総合理学コース

総合理学コースの特色

「総合理学コース」では、現在の総合理学プログラムでの学びを継承しながら、従来の数学、物理学、化学、生物学に加えて、地球環境科学を含めたより広い視点で分野横断的に科学を理解していきます。入学時に学びたい分野を1つに決められない人も、「総合理学コース」で1・2年次に幅広く科学の知識を修得することで、広い選択肢の中から、自分に合ったテーマで最先端の研究を行うことができます。

イメージ画像

総合理学コースでの学び方

1・2年次

自然科学の基礎全般(数学、物理、化学、生物、地球環境科学)を総合的に学修しながら、自分のより興味を持てる専門分野を探していきます。通常理学部にはない文系科目も設置し、論文作成に必要な能力や一般教養の修得まで幅広くサポートします。1年次においては高校での勉強を補足する入門的科目(数学・物理・化学・生物・地球環境科学等)や基礎科目を修得します。2年次では科学技術英語や統計力学、量子力学を含め、総合的な基礎分野の知識を修得し、3年次からのより高度な実習・研究に備えます。

3・4年次

3年次前期には専門的な科目を修得します。後期からは、それまでに学修した理学のさまざまな分野の中から、自分の興味や将来の目標に合わせて、いずれかの学問分野のコースの研究室を選び、本格的な専門研究に取り組みます。4年次には、「卒業研究I・II」でさらに1年間深く学びます。理学科のすべての研究室が、総合理学コースから進める研究室になります。

Pick Up 授業
写真:市民・学習者参加のサイエンスコミュニケーション

サイエンスコミュニケーション

近年、自然科学的事象は、研究者中心ではなく市民・学習者参加のサイエンスコミュニケーションを通し、社会の理解を得ながら進めていく流れとなりつつあります。この授業では、人類の自然に対する捉え方、考え方を時系列的に理解しながら科学技術の現状を把握するとともに、初めて学ぶ人たちにも科学の楽しさ面白さを伝えられる力を身につけていきます。

自然の歴史

「自然の歴史」という科目は、地球の誕生から現在まで、自然を総合的かつ多角的に学ぶ科目です。ビッグバンとその後の膨張により太陽系と地球が形成され、地球上に生物が生まれ、そのなかに人間が登場し、文明が誕生し、文化が花開き、その繁栄の結果もたらされた深刻な環境問題に至るまで、天文学・物理学・化学・生物学を専門とする理学部の複数の先生方によってなされる意欲的な講義です。人間の想像力をはるかに越えた自然の変遷の歴史展開を楽しんでください。

ここがポイント

幅広い卒業後の進路

広く理学の知識をもち、さらに文系の教養も身につけた卒業生を送り出すことを目標にしています。したがって卒業後の進路は実に広い範囲にわたります。技術系も含めた営業職一般、サービス業一般、研究職などがあげられます。公務員も進路に入ります。また、特に資格が取りやすいように配慮しているので、理学の幅広い基礎を学ぶ当コースは教職を志す人には最適です。

理学科の教員紹介、研究室紹介はこちら

神大の先生 ― ゼミ・研究室 ―

総合理学コースの特徴的な入試制度

一般入試 得意科目型(B方式)
総合理学コース
  • 外国語
    「英語」
    ※ 国語との組み合わせ選択はできない
  • 国語
    「国語総合(漢文除く)」
    ※ 外国語との組み合わせ選択はできない
  • 数学 ①
    「数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B(「確率分布と統計的な推測」を除く)」
  • 理科
    「物理基礎、物理」「化学基礎、化学」「生物基礎、生物」から1科目選択

時限の異なる2科目を選択して受験する。ただし、外国語と国語の組み合わせは選択できない。

理学部理学科共通の入試制度については学部ページを参照ください。

詳しくは神奈川大学公式サイト「学部入試のご案内」を参照ください。

Web出願手続きについての詳細はこちらをご覧ください。

Web出願手続きについて